中学受験・中高一貫校受験・高校受験・大学受験の個別指導・学習塾なら大分県のワイズ進学会

コースのご紹介 小学生

コースのご紹介Introduction of course

小学生Primary school children

ワイズ小学生コース

【英語 一斉・グループ授業】

中学入学後を見据えて、中学の英語の教科書を用いて学習に取り組みます。 初めてのお子さんにはアルファベットやローマ字(ヘボン式)の練習から始めます。 五年生以降は、文法を土台とした英語学習を開始してもよい時期です。 特に、声を出して読むことに、これだけ時間をかけられるのは小学生の時をおいて他にはありません。中学生になるとどうしても、テスト日程が優先されます。 全ての生徒は、1回の通塾毎に3ページの家庭学習をやってくることを約束しています。 学年により異なりますが、6年生は1週間に6ページです。 また、ある程度の段階に達したら中1で使う教科書準拠のワークブックを用いて学習に取り組みます。何度も何度も同じページを繰り返し解き、英文の解答を書いていきます。中学生になるまでに、一つのページを10回以上は解きます。 中1になる頃には、1年近く通塾を継続した生徒であれば、Lesson3くらいまでは自然と暗唱できるようになります。それが、継続の持つ力ですし、小学生の潜在能力です。この段階まで来ると、ご自宅での学習の取り組み全般にも変化が見えると思います。 この段階まで押し上げて中学に上げてあげることが、ワイズ小学生の目標です。 お子さんに学習習慣があまりついていないようでしたら、また、定着に時間や労力を要するとお感じになるようでしたら、英語は5年生から始めることをお勧め致します。

【算数 一斉・グループ授業】

算数では教科書準拠の問題集を用い、学校の進度に準ずる進度で進めていきます。 学校授業の先取り、復習の形にとらわれず、生徒の理解度により学習内容、スピードを決めていきます。中学校から始まる数学では、理屈や論理的な考え方を要求される場面が増えます。 小学校の算数があやふやな状態では、理解出来るところまでは到底及びません。まずは計算力をしっかりと構築して、数学ときちんと向き合えるよう準備していきます。 文章題・図形分野も単なる暗記ではなく、中学校の数学を念頭に置いて、「考える事」について触れながら学習していきます。また、毎授業課題を出しています。小学校の間に、ご家庭での復習・学習習慣の定着を確立します。

春の実験イベント
春の実験イベント
授業前の風景
授業前の風景